代表ブログ代表ブログ

代表ブログ

小牧市K様邸にて板金工事をおこないました。

今回は既設の破風と呼ばれる部分が

アピトンという木材でできており

再塗装ができないほど風化してしまっているので

ガルバで巻くことになりました。

 

 

 

先端の雨水が集中する部分は

特に劣化が激しく、釘も効かないほど。

 

破風のガルバの役物は、弊社の曲板機にて自社加工しました。

 

 

 

 

 

完成です。

 

これで雨風が当たっても劣化の心配は無くなりました。

やはり、いくら雨に強い木材でも

長年さらされる場所にはおススメできません。

雨漏り・外壁・屋根の事なら何でもご相談ください!無料診断・無料見積 0120-25-9674(にっこりくろうなし)メールでのお問い合わせはこちら
メールお問い合わせはこちら 上部に戻る