代表ブログ代表ブログ

代表ブログ

☆シリーズ☆10年後に差が出る仕事 part4

さわやかな火曜日ですが

そろそろ梅雨入り。

外仕事の弊社の作業、悩ましい季節がやってきます。

 

さて・・・

 

『10年後に差が出る仕事』

part4 です。

 

今回は、

瀬戸市I様邸にて雀口の取り付け工事を行いました。

 

雀口とは、瓦屋根と広小舞(ひろこまい)の間にできる

隙間のことを言います。

 

 

 

 

 

和瓦は波型形状なので、どうしても瓦と広小舞の間に

隙間ができてしまい、この隙間から

スズメなどの鳥や、コウモリなどが侵入してしまいます。

 

これらを防ぐ為に通常、瓦業者の場合

漆喰で隙間を埋めます。

 

漆喰の場合経年劣化・・ 地震、車等の振動で

割れて剥がれてしまうことが多いのですが

 

それを防ぐ為、板金業では、

ガルバリウム鋼板でできた

「雀口」を使用します。

固定にはステンレス製の釘を使用しますので

半永久的に長持ちします。

 

 

 

瓦屋根の雰囲気を壊すことなく

美しく丈夫で長持ちする仕上がりになりました。

 

リフォームの物件では

雨樋の取り換え工事の際に

雀口の取り付け工事も併せて施工することが

多くなっています。

 

 

雨漏り・外壁・屋根の事なら何でもご相談ください!無料診断・無料見積 0120-25-9674(にっこりくろうなし)メールでのお問い合わせはこちら
メールお問い合わせはこちら 上部に戻る