代表ブログ代表ブログ

代表ブログ

☆シリーズ☆10年後に差が出る仕事 part3

大変良い天気の1週間の始まりです。

 

『10年後に差が出る仕事』

part3 です。

 

今回の事例は

小牧市S様邸の屋根、

棟の取り換え工事です。

 

 

 

 

既設の棟は、

過去の強風の際、一部が飛んでいってしまった状態でした。

原因としては、木下地が17mmの胴縁だった為

固定する釘が数年で浮いてしまい、

それが外れ強風の影響をうけて、

飛んでいってしまったということです。

 

 

今回は、木下地に30mm×40mmの垂木というものを使用、

固定するビスも90mmと長めのものを使用し、

しっかりと固定しました。

 

 

 

そして、弊社で板金加工した棟を取り付けます。

継ぎ目部分にはしっかりと

コーキング処理をし、雨水の侵入を防ぎます。

 

 

 

 

棟の固定にも釘を使用せず、

32mmのステンレス製ビスでしっかりと固定。

ステンレス製なのでさびる可能性も低くなります。

 

そして、最後にもう一度

継ぎ目部分にガルバと同色のコーキングで処理を施し

2重に雨水の侵入を防ぎます。

 

 

 

 

 

 

 

◇ 木下地を30mmの厚さを使用し、ビスがしっかり効くようにする

 

◇ 固定には釘ではなく、ステンレス製のビスを使用

 

◇ 継ぎ目部分には、内、外両側にコーキング処理をし

  雨水の進入を2重に防ぐ

 

 

これが『10年後に差が出る仕事』なのです。

 

雨漏り・外壁・屋根の事なら何でもご相談ください!無料診断・無料見積 0120-25-9674(にっこりくろうなし)メールでのお問い合わせはこちら
メールお問い合わせはこちら 上部に戻る